介護事業を開業する際に行政書士に依頼

近年、多くの行政書士事務所では、介護事業指定申請のサポートの力を入れてきていると言われています。
介護事業指定申請とは、介護事業を開業するための手続きの申請のことです。
この申請を個人で行うと相当な時間がかかるので、事業主は、人材確保や利用者確保などに使える時間が少なくなってしまうと言われています。
また、この申請は手続き先がそれぞれ異なることや内容の理解が個人では難しい面があるとされ、行政書士のサポートがなくては不可能とさえ言われています。
そして、行政書士依頼する際の費用は12万円以上からとされています。
事務所によって費用は違いますが、行政書士を使うことによって時間を削減でき、その他の業務に取り掛かることが可能ですので、依頼するメリットは大きいとされています。

医療関係の求人サイト
転職事例一覧

http://rashindo-mr.jp/
「人間性」を大切にする治療を行う羅針堂鍼灸整体院です

東洋医療専門学校
NO,1の教育実績!!資料請求 >>

menu

更新情報

行政書士の中には資格取得後専門業の一つとして、介護分野の手助けをしている先生がいます。
一見す

介護と行政書士の関係について

行政書士でもあり、介護福祉士でもあるという人が急増しているといわれています。
どちらの資格も取

行政書士の役割と介護

高齢化社会において、介護を必要とする方が大変多くいます。
介護の段階が進んでいくと、様々なサー

良い介護を受けるため行政書士に依頼する

介護の現場では色々な申請や許可などがとても必要のようで行政書士さんのような職業も大切になってきます。

介護の行政書士について

Copyright© 介護 行政書士 All Rights Reserved.

介護事業を開業する際に行政書士に依頼